キリトとユージオとアリスを想い”52.68.96.58″

【ご注意】この記事には、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の最終話(23話)およびそれまでの過程の内容を含んでいます。

桐ヶ谷和人の父親「お前の口から聞いておきたいことがある。結局、本命は誰なんだ。」

和人「それは……決められない。俺はいろいろな仮想世界で、いろいろな女性と出会ってきた。それはリアルワールドともシンクロし、恋人と言える存在(結城明日奈)もいる。でも、決められないんだ。オヤジもわかるだろ、男なら。」

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」シリーズが、4クールの放送期間で終了しました。

ぶっ続けで4クールやると思ったら、War of Underworldに移行する際に、間が空くとは思いませんでした。そこで、ズッコケた視聴者は、きっと私だけではなかったでしょう。

一方で、A-1 Picturesは相当頑張ったのではないかと推察します。特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に関しては、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の放送開始が1クール遅れたとは言えるのですが、僕はちゃんと気がついています。

A-1 Picturesは、2020年4~7月クールを「かぐや様は告らせたい」の第2期を予定通り制作・放送することに全力を尽くしたのだと。

さて、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」の最終話には、キリトの父親と母親がでてきました。多分、初めてだったと思います。てか、アニメでありがちな兄と妹の二人暮らし設定なのだと信じていました。。

しかし、キリトのオヤジは急にエモいこと言いましたね。多分、、大手メーカーの部長職だ。

最終話中に、あるサーバのIPアドレスとして、「52.68.96.58」が出てきました。

こういう番号は自在するものを出すと突撃されるのが現代の世の中です。そして、52.68.96.58は、実際に存在するIPv4アドレスです。ARINのWhoisで検索してみるといいです。Amazonが管理しており、Amazon Data Services Japanに割り当てが行われているものだとわかります。

"52.68.96.58"Whois検索結果Whois検索結果の抜粋

Webページなどを見る際、人間はドメイン名の形式で認識します。アリシゼーションのアニメのWebであれば、https://sao-alicization.net/ という感じです。

コンピューターは、ドメイン名ではなくIPアドレスで、通信先を特定します。WebサーバのIPアドレスがわかれば、IPアドレスで直接そのサーバーにアクセスすることができます。なので、ブラウザのアドレスバーに”52.68.96.58″だけ打ち込んで、エンターするといいです。そこで、何が出てくるのかは…ここではやめておきます。

アリシゼーション編は、設定によると2026年6月とのことです。だいたい6年後ですね。

6年後でも、IPv4アドレスが普通に使われているのですね!!

IPv4アドレスは、配る数がなくなっており、もう新しくゲットすることがほとんどできない状態です。ここはIPv6アドレスにしてほかったのですが、、まぁIPv6アドレスの表記が長いとか、制作側でIPv6アドレスを知ってる人がいなかったとか、2026年の時代背景的にほとんどIPv6アドレスへの移行が終わっているけれど、あえてこのサーバーはIPv4アドレスでの接続性のみつけているといったことが考えられました。

アリシゼーション編は、楽しめたと思います。途中、ユウキが出てきて、ズルいなと思いました。やっぱ、ユウキは泣けるし、いつでも僕を励ましてくれます。最後、アンダーワールドは、グラディウスみたいになってましたね(^_^;)

シリーズとしては、プログレッシブという新しいアニメプロジェクトも始動ということで、楽しみにしておきたいと思います。

それでは。

『花に亡霊』を聞いています

2020年に入ってから最近まで、King Gnuの『白日』と『飛行艇』を行ったり来たりする音楽ライフでしたが、新たにハマった曲ができました。

それは、ヨルシカの『花に亡霊』です。

この曲の最初のハマりポイントは、サビのメロディーラインでした。

4月後期のパワープレイにしているラジオ局があり、ニッポン放送のオールナイトニッポンや、Nack5でよくかかっていました。その中でも、自分が一番グッときたのは、佐久間さんのオールナイトニッポンでした。いや、ただ曲をかけただけなんだけどね。

繰り返し聞いているうちに歌詞にハマってきて、とにかくこればかり聞くようになりました。やっぱ、僕は切ない系の曲が好きなんだなと思います。

鹿乃ちゃんがカバーしていたので、紹介しておきます。アニメーションもオリジナルみたいです。

『花に亡霊』は、アニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」の主題歌だそうです。

これ、6月公開なのですが、新型コロナウイルス感染症の影響もあるのでしょうか、Netflixで配信と発表がありました。劇場はやるのかな、やらないのかな…

いや、僕が見るかはまだちょっとわかんないです。ちなみに、私はNetflixに加入してません。

「泣きたい私は猫をかぶる」のポイントはありますよ。

(共同)監督の一人が、サトジュン(佐藤順一)であること。

脚本が、岡田麿里であること。

まぁ、そんな感じです。

映画館って、営業再開できても、絶対以前より収益性が落ちるじゃないですか。

それに加えて、映画館で新作コンテンツを送り出すということがなくなっていったら、映画という文化はなくなるかもしれませんね。

この作品だけ取り上げてどうこう言うことはないのですが、やっぱりいろいろ気になりますね。

なお、この作品はちょっと気になっていますよ。でも、Netflixに入るほどではないというのが今のスタンスです。そのスタンスは変わるかもしれないので、許してください。

それでは。

今までと違う世界

前の記事を書いたときから考えると、だいぶ世の中の感じが変わりました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルス感染症の影響で、2月下旬に在宅勤務をやり始め、3月中にはほとんど在宅化、4月にオフィスに行ったのは3回、5月は1回もオフィスに行かずに終わりそうです。

自粛していると言えば、髪を切っていません。

特に男性においては、髭を剃らないままでいるというのがわりとあったと思いますが、髭は基本的に剃っています。逆に、伸ばすとどうなるかを試した方がいいですね。髭を剃ることが日常になってから、3日くらい剃らなかったのが最大な気がしますので。

いつものペースですと、4月のはじめの週末が髪を切るタイミングでした。その週末を迎える前に緊急事態宣言が出て、最近切りに行っているところが期限を定めない臨時休業(当面の間、というやつです)に入ってしまい、これを書いているタイミングでは営業再開に至っていません。

周り(近所)には営業しているお店はありますが、また新規開拓するのかというおっくうさと、どこならいいかという判断材料のなさ、外出を自粛しようという要請など、いろいろ考え、どうせ人にも会わないし、そのままにする判断をしました。

4月下旬に、オンラインセミナーの講師をする仕事が決まっていて、顔出しを免れないので、若干困りました。どうせ下の中のルックスなので、開き直った結果、1ヶ月半くらいが、自分の今もつ技術でセットが成立するギリギリなんだなという謎の気づきを得ました。つまり、セミナーのタイミングくらいまでは、なんとかなったということです。

それ以降は、意味もなく気まぐれで髪をセットしてリモートワークすることもありましたが、最近はなにもしなくなりました。

職場に行かないと、外に出る機会は減ります。

通勤時間がゼロになるのは、いいですね。まぁ、職場が近いことに価値を見出すのだから、通勤時間がゼロなんて最高ですね。。

とはいえ、今のところは、ちゃんとオフィスに行く場合の時間には目覚めている気がするので、よかったです。状況に合わせて、極限にまでぐうたらすると、変化に適応できなくなります。

もっとも、、最近は情緒不安定な傾向もあり、ド平日に28時くらいまで寝られない日もあるのだが…

在宅での仕事も、多忙を極めてきて、どんどん閉塞感は増してきました。

申し訳程度に近所を散歩するのですが、今のところに住むようになって2年経ちましたが、結構発見がありますね。

行ったことがない地元のお店のテイクアウトなんかも利用するようになりました。もともとやってなかったり、お昼の時間にはそもそも僕がいなかったりで、すれ違いでしたが。

こうしていると、お店の人に認識(顔を覚えられる)されてしまったら、どうしようという気持ちが少し出てきました。経済活動の再開が、おそらく少しずつ進んでいくことを踏まえ、じゃあ普通にお店が営業するようになったら、僕はそこに行くのか、みたいなことを考えてしまいます。

閉塞感を感じているくせに、社会とのつながりを拒否しているみたいです。不思議なもんですね。

これまでの社会の有り様は、失われてしまったように思いますが、それでも多くは元通りを目指すのでしょう。

それでいいのかは、難しい問いでしょう。仕事については、内容によりけりですが、成果をポイントに考えれば、どこで働いているかとか、どんな風に働いているかはどうでもよいことです。

感染のリスクが、従来レベルに戻せないなら、社会が変わる必要があるのでしょう。そして、その未来はやってくるかもしれませんが、何年かかかる可能性の方が高そうですからね。

マスクの値段が、元通りになることだけは願いたいと思います。

 

それでは。